読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

主の日の祈り

主の日の礼拝にて

12/18礼拝にて

天の父なる御神
御前にこうして集められ、気にかかっていた人々の顔を見いだし、共に集う喜びをより豊かなものとしてくださる幸いを、心から感謝いたします。
どうぞ祝われているクリスマスの祝いを、同じ信仰を持った人々の祝いも、そうでない人々の祝いも祝福してください。うつろな楽しみの祝いがあります。商業主義の祝いもあります。年中行事の祝いもあります。ただ雰囲気を楽しんでいるだけという祝いもあります。けれども、そうした祝いが深くに虚しさを抱え込んだままであるとするならば、どうぞ、その形ばかりの祝いが実りをえますように。あなたを知らないこの国が、まるでキリスト教国であるかのようなクリスマスの祝いではありますが、キリストが来られたことの意味、その威力を深く覚える日がやってまいりますように。どうか、教会が語る言葉が、明るい行事に取り残されるような気分でいる心に届く言葉となりますように、伝道者たちを祝福してください。どうか信ずる一人ひとりが、失われた心をあなたのもとへと携えゆくことができますように。
やがてキリストが来られます。死も苦しみもひっくり返して、あらゆる涙を拭いてくださる日が来ます。目にもの見せて望みを砕こうとする悪魔に対抗して、この望みを守る戦いを果敢に戦うことができますように御霊と、そして御霊の剣である御言葉を与えてください。
天の栄光が地の平和にまでなりますように。たゆまず祈ります、戦いをやめることができますように。その戦火に追われている人々を、どうぞ憐れんでください。広やかな心が勝利しますように。政治的に重い責任を負っている人々を、どうか憐れみ祝福してください。
病、痛み、苦しみ、不自由に悩んでいる人々を御心にとめてください。とくに、祈りを重ねているあの伝道者を覚えてください。癒しを与えてください。今日一日、その苦しみを負わねばならないのなら、その力を与えてください。病床で、献げられる祈りに、あなたがそば近く答えてください。ほんとうは、み側で祈っていたことに気づけますように。
御言葉を待ち望みます。御言葉を語らせる霊、み言葉を聴き取る柔らかな心をつくる霊を、今ここに与えてください。キリストを深くに宿らせることができますように。主の御名によって

広告を非表示にする