主の日の祈り

主の日の礼拝にて

10/2礼拝にて

上半期を過ごし、こうして10月を迎えるまで、私どもの歩みを導いてくださったことを感謝致します。万物を導いておられる神を共に見上げるようにしながら、歩みを進めてまいりました。私どもの個々人の、限られた経験でも、よくわからなかったあなたの御心が、あとになってよくわかるようになることを重ねます。どうぞ、摂理の神の恵みを数えつつ、あなたにゆだねる信頼へと育ててくださいますように。摂理を頭では理解しつつも、思いがけない事々の渦中にいると、あなたの尊い導きに思い至らず、ただただたじろぐこと、うなだれて過ごしてしまうことがあるのです。しかしまた思い起こします。かつてあなたを忘れ去るようにうなだれて過ごしていたときにも、あなたは私どもを慰め深く訪ねてくださいました。悩み果てるときにもそのことを私どもの魂に留めているからこそ、あなたの御前を離れずに、今朝もこうしてここにあるのです。恥ずかしいほど小さな信仰です。けれども御子は辛子種ほどの信仰でも献げよとおっしゃいました。どうか、まずしいけれどもあなたを見上げている心をあなたへの信仰としてお受け取りください。
世界聖餐日を迎えています。カトリック、正教、プロテスタントの教会が世界で一つに聖餐を祝おうとしているこのひと日を祝福してください。しかしまた、世界と日本の教会が、万物を導くあなたをどれほど示し得たかと申し訳なく思います。大きく、広やかにあなたを信じることを投げ出してしまって、世界の恐れや騒乱に巻き込まれてしまっている私どもではなかったかと思います。あるいは、そう自らをいぶかることすら忘れてしまっているのかもしれません。
私どもの教会を導いてください。こうしているときにも、今朝も教会の前を、カメラを向けながら、あるいは掲示板に目を注ぎながら多くの人が行き交っています。ほんとうのところ、あなたを求めている人々です。どうか、伝道を祝福してください。教会堂に目を注ぎすぎて行く人々も、どうか、共に聖餐を祝うところまで導かれ、あなたの御許に憩いを見出すことができますように。気になっているあの人、この人を携えて、御前に出ることが許されますように。どうか、この教会の伝道を祝福してください。
政治的に大きな責任を負っている人々をあなたが憐れみ、導いてください。
世界にある様々な悲しみや苦しみ、混乱、争いを御心にとめてください。
共に集えない者達、病んでいる者達、痛みや不快や不自由をおっている仲間たちに、主の顧みを注いでください。

広告を非表示にする