主の日の祈り

主の日の礼拝にて

5/28礼拝にて

天の父なる御神
私どもの願いの奥を呼んで知っていてくださるあなたの御前に、祈ることが出来る幸いを感謝致します。御霊によって、私どもの呻きを知ってくださって、何をどう祈るべきか、願うべきかもわからなくなってしまう私どもの心を、御霊が執り成してくださって、願う以上にあなたの御心をなしてくださることを感謝致します。
家族について、自分自身について、友人について、あるいは思うに任せない他者について、様々に祈りを重ねてまいりました。けれども、正直、何をどう願うことが正しいのか、それすらわからなくなってしまいます。願いにおいてしばしば絡まってしまう私どもであります。祈りに自分自身のわがままを練り込んでしまうのかもしれませんし、あるいはまた、そのことにも気づかずに、自分の思いや願いを手放さず頑なに握りしめているのかもしれません。ゆだねるという言葉を、あなたの御前で、教会の生活で覚えました。それゆえに、どうか、ゆだねることにおいてさらに育つことが出来ますように。寛容で、緩やかな、優しい心、主イエス・キリストがそうであったような姿が、私どもにも現れてきますように。
世界について、本当に何を願うべきかを知りません。テロの報道を聞いて過ごしました。隣国のありように恐れや憤りをもって過ごしてきました。そこで作られる心が、どんどんと狭いものになってしまうのではないかと案じていますし、そうなるのも仕方ないことのようにも考えられています。けれども、私ども主の弟子は、どの家に入っても平和を祈れ、どんな状況でも呪いではなく平和を祈れと教えられました。それがあなたの御国の支配だからです。ですから、心をつくして祈ります、どうか、御名があがめられますように、御国が来ますように、御心が天で行われるように、この地で、この国で、私どもが目にしている人々の関わりの中で、行われますように。
病や痛みに癒しを与えてください。悲しみに慰めを与えてください。失望には希望を与えてください。闇には光を与えてください。愛する者を失った悲しみを抱えている人々がいます。I師の残された家族も、あるいは時を経つつも癒されない悲しみを、未だ抱えているすべての魂に、どうか、慰めと希望を与えてくださいますように。
天に帰られた御子を、早く返してください。世界は御子の支配を待ち望んでいます。今御言葉のなかで、御子の到来の光の前味を味わわせてください。主の名によって

広告を非表示にする