読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

主の日の祈り

主の日の礼拝にて

4/9礼拝にて

父なる御神、主イエス・キリストの十字架の恵みを心から感謝致します。この十分な恵みのゆえに、御前に持ってくるどのような心も待っていてくださいます。こうしたあなたの深い憐れみのゆえに私どもの深くにある心――どこにも持って行きようのない心を、携えてくることが許されています。何という幸いでしょう。あなたが真実の限りを尽くして、私どもを待っていてくださったのですから、私どもの正直な心を、悔い改めをもって御前に捧げ、喜びの歌声、感謝の祈りを精一杯、御前に捧げさせてください。御言葉に導かれて、あなたの恵みの業を辿りつつ、感謝の心を確かなものとさせてください。
十分な愛に生きたか、祈りに生きたか、感謝に生きたか、信仰に生き方かを問えば、たちまち心許なくなる私どもです。それでも、ここで恵みを数えることが許されるのは、私どもが眠っている時にも、眠ることもまどろむこともなく支えてくださっているあなたの恵みと言うほかありません。どうか、私どもを鈍さから救い出してくださって、当たり前と思い込み、深く考えることも忘れてしまっている事々の中に、数え切れないほどのあなたの愛と知恵が溢れていることを知ることができるようにしてください。これも御言葉に導かれる他ありません。眠りやすい信仰を、御言葉により、あなたの真実により、揺り覚ましてください。
十字架の上で、苦しみ悩み、私どものどのような孤独よりも、どのような絶望よりも、深いところへと赴いてくださった主に感謝致します。陰府すら、主の足跡の残されたところとなりました。インマヌエルの恵みを数え損ねる地点が、本当はなくなっていることを、御霊によって深く知らせてください。
戦いの色合い、自分の国のことばかり考える色合いが増し、不穏な空気に包まれている世界を、どうか憐れんでください。愚かな戦いを繰り返すことがありませんように。過去の悲しみを丁寧に考える心を与えてください。とくに、政治的に責任を負っている者たちを、あなたが守ってください。戦いを避ける道、平和を重んじる道を選び取ることが出来ますように。
病んでいる者達、様々な戦いの中にある者たち、試練にある者たち、家族や共に生きる者への愛のわざに励んでいる者達を、どうか祝福してください。
教育ボランティアと家族を守ってください。
御言葉の前に留まります。ここが十字架の前となりますように。

広告を非表示にする