主の日の祈り

主の日の礼拝にて

2/5礼拝にて

父なる御神
様々な所を歩んでまいりました。守られている幸い、あなたの恵みがどれほど私どもを支えてくださっていたかということを改めて思います。心から感謝致します。御前に、信仰を持つお互いが、再び集まることを許されました。通ってきた所は違います。見てきたものも違います。しかし、あなたの前に一つに集まりましたのは、様々な違いはあれども、あなたが導かれる所が一つであるからです。神の国、あなたの支配が立てられることこそ、私どもの望みです。
そうでない支配をたくさん見てまいりました。混乱があります。何が正しいことか、世に吹く風や揺らぐ波に流されてわからなくなってしまいそうです。しかし、だからこそ、あなたの御前に集うことが大切だと思いました。損得や、時局に左右されず、本当に大切なことを大切にしていたいと願っております。これまでも、なんど、迷いの中で聞いたあなたの御声が、私どもの迷いを解いてきたことでしょうか。どうぞ、今朝も、あなたの言葉で私どもを訪ねだし、あなたの御許に引き戻してください。
世界の教会を強めてください。何が正しい信仰か、神ならざる者を神とする罪に自覚的であらせてください。キリストがお示しくださった愛から迷い出てしまうことがないように、どうか教会を守ってください。自分自身が高くなる喜びではなくて、キリストに従う喜びこそが、教会を捕らえるものとなりますように。十字架のキリストに学び、殉教者達の喜びに少しでも倣い、私どももまた小さな殉教を生きていることが出来ますように。
隣人に仕えることが出来ますように。愛に生きることが出来ますように。失敗にかまけずに、ただキリストの愛に迫られている私どもであることが出来ますように。
病んでいる者達をどうぞ憐れんでください。痛みや不快、苦しみから救い出してください。癒しを与えてください。教団をあげて祈っている教育スタッフにあなたの憐れみを注いでください。
どうか、私どもにみ言葉をください。心の深くを訪ねてください。
主の御名によって

広告を非表示にする