主の日の祈り

主の日の礼拝にて

11/27礼拝にて

天の父なる御神、
イエス・キリストが私どもに与えられていることの幸いを、私どもの恐れが取り除かれるほどに知ることができるように、きょう導いてください! 神の民に、また弟子たちに、「恐れるな」と、何度も不信仰を叱咤しつつ、確かな平安へと導こうとされたあなたの御姿、またあなたの御声がここに明らかになってまいりますように。私どもの願いは、本当は多くはありません。私どもの願いは、主を見て喜ぶことです。この主イエスによって、慰められない悲しみも、取り除かれない恐れもないはずだと信じています。ただしかし、あなたの強く暖かな御手を、改めて一つひとつの悲しみや恐れにお示しいただく必要があります。そのために、御霊をあなたは約束してくださいました。私どもの本音にまで染み入るほどのあなたの慰めを、どうかお与えください。
愛に生きることができない自分を悲しみつつも、それが当たり前であるかのように捕らえはじめているとすれば――自分の貧しい愛のほうへあなたの愛を引き寄せようとしているとすれば――どうぞ、私どもが学ぶべき愛、私どもが満たされるべき愛を、十字架の前で知らせてください。キリストの愛にこそ、私どもが迫られ、引き寄せられますように。
世界の平和を与えてください。アドヴェントが始まりました。天には栄え、地には平和と、どうか世界の教会が声を一つに合わせることができますように。どうか、教会がクリスマスを年中行事に終わらせることがありませんように。御子が与えられたことに深く思いを巡らせ、平和の足取りを取り戻せますように。偏狭な思いから解き放たれますように。うち捨てられたと思い込む心を訪ねるような教会の働きとなりますように。
今朝、肉体の弱さ、病、痛みのゆえに、ここに集えない者たち、御心にとめてください。癒しを与えてください。教団をあげて祈っているあの伝道者を、どうか癒してください。再び、働きに帰ることができますように。
御言葉を待ち望みます。

広告を非表示にする