読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

主の日の祈り

主の日の礼拝にて

10/23礼拝にて

まことの光であり給うあなたの前に、私ども自身を晒すように出ることができる幸いを感謝致します。御子イエス・キリストが「わたしが世の光だ」と宣言してくださって、その光が死の闇にすら打ち勝つものであることをお示しくださいました。そうしてこの通り、主の日ごとに、甦りの主を祝う集いを、喜びの内に守り続けてくださっていますことを心から感謝致します。
物事が明るいようにとだれもが願って生きています。世界も、社会も、個人も良いもの、自分自身に安心を与えるものを数えようと願っています。その願いが強いのは、暗さが勝ってしまうのではないかと恐れているからでもあります。私ども人間が自分たちで自分を明るくできるほど確かな光は持っていないと言うことをどこかで知っているゆえの恐れであります。
確かに、こうして御前にありながらも、私ども自身の力がこのたった七日の道のりにおきましても、十分に自分自身を支えるものであったかと問い返さざるを得ません。人にかける言葉にしても、つくる表情にしても、相手の思いやりを知りながらでも、愛に生きる力が十分であったとはどうしても言えません。それゆえに、祈りを携えて御前に立つことが許される幸いを心一杯に受けとめつつ、喜びに満ちてこうしてここにあります。光を数えるのに、十字架とよみがえりのキリストの光を数えることができるようになっているとは、何という幸いでしょう。
こうした幸いを知らない世界があります。あなたがたが世の光だ、と主イエスはご自身の光を託すように私どもを世界に派遣してくださっています。まことの光である主イエスを指し示す教会の証しの業、宣教を祝福してください。あの人にもこの人にもと、今、本当は深く福音の光を求めている人々を祈りに携えつつ、今朝の喜びの祝いを過ごさせてください。
世界の平和を与えてください。小さな平和の力でも、あるいはそれが利害の調停であっても、平和の歩みを進めるものであれば、どうか祝福してください。いずれにしても力乏しい人間を憐れんでください。政治的に重い責任を負っている人々を憐れんでください。
病んでいる者たちを思い起こしつついます。病床で主の日を迎え、祈りつつも淋しさを抱えている人々を主が御霊をもってお訪ねください。祈りを重ねている宣教師の治療が進みますように。
共に集えない仲間たちを御心にとめてください。
人前には明らかにしない様々な心を抱えて集った私どもに慰めを与えてください。主の御名によって祈ります。

広告を非表示にする