主の日の祈り

主の日の礼拝にて

12/21主日礼拝にて

私たちに救い主としてイエスさまをくださった天のお父さま
こうしてクリスマスをお祝いすることができて、心から感謝致します。
どうぞ、今、聖書を通して、イエスさまが与えられているということの喜びを新しくすることができますように。
クリスマスをお祝いして、ほんのひととき私たちの淋しさや悲しさを忘れるというような過ごし方ではなくて、私たちが心に抱えている暗いもの、冷たいものに、イエスさまがくださる明るい暖かな光が届きますように。
たくさんの子どもたちが銃で打たれて亡くなりました。どうぞ、その魂を覚えてください。悲しんでいる親や大人たちが、仕返しをすることで悲しみを拭い去ろうと考えませんように。
激しい天気や地震などで、被害を受けた人々が今年もたくさん出ました。どうぞ、そういう人々をあわれんでください。
私たちが力強い救い主が与えられていることを知っています。どんなに暗く見えても、イエスさまの救いが進んでいます。そのことをいつも教えられて、明るく私たちの未来を見ていることができますように。
今日も、あなたのみ言葉を私たちに与えてくださって、私たちを明るくしてください。
イエス・キリストのお名前によって祈ります。

広告を非表示にする